もう悩まない、ツルツル肌だけが女性の魅力は無いと思うこと

 

定期的に脱毛しなくて良いように、体質的にムダ毛が薄くなればよいと誰もが思うところです。

 

ムダ毛を薄くする方法は古くから色々あり、毛を脱色して目立たなくさせたり、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン配合の豆乳をつけたりなどがあります。
いずれも一長一短あり、やり過ぎて肌荒れを起こすことも、効果が無いと思いながらやり続けてしまうこともあるようです。
メモをとる女性

 

一般論で言えば、レーザによる永久脱毛は、ムダ毛を薄くする、最も適した方法です。
美容クリニックや一部の脱毛サロンで行われていますし、費用も明瞭にされていますし、トラブルなどの声も聞かなくなってきました。
毛質が細く、色も薄くなっていきます。生えてくる周期も、ゆっくりと遅れていく方が多いようです。特に、太くで縮毛のVラインや脇の下などは、脱毛の前に全て毛を剃ってから行うと、毛質が柔らかくなりやすいといわれています。

 

ただ、レーザ脱毛も個人差があり、やり過ぎると黒ずみなどの現象もおきます。さらに、コストがかかる、サロンに通う時間がない、肌荒れや色素沈着などが心配といった不安が先立ち、行動に移せない方もいます。
サロンのレーザー技術をそのまま利用して、低出力にした家庭用の脱毛器なども売られていますので、検討してみても良いかもしれません。

 

それでも、抵抗がありと言う方は、従来の言われて続けている、ムダ毛を薄くする民間療法なるものを、試し続けるのも良いかもしれません。
こうした方法は、過信し過ぎるのは良くありませんが、利用しているのが日用品であるために、大きな失敗は少ないことがメリットです。

 

もうひとつ最強の方法は、ムダ毛があることを悩まない、毛深いことを一つの個性として、周囲の人に有無を言わずに認めさせてしまうと言う方法もあります。
身体的特徴にあれこれ悩むより、もっと、仕事に趣味に打ち込む姿が素敵な女性になることに、努力していく方が前向きです。
最近は、脇毛をさらす女子も増えているとか、時代の美学はかわりつつあるようです。

 

濃いムダ毛を脱色する方法

今まで脱色効果が有と言われているものを、上げてみます。
方法は、コットン等に浸して、毛深い部分につけていきます。15分から20分位放置した後、シャワーで洗い流すかぬれタオルで拭き取ります。
その後、ローションやボディクリームなどで保湿を行っておくと、肌荒れを防ぐことができますよ。

  • お酢
  • コーラ
  • オキシドール(肌荒れする方もいます。)
  • ビール
  • 豆乳ローション
  • レモンとカモミールティー

ムダ毛を薄くする方法関連ページ

やってはいけないムダ毛が濃くなること
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。