遺伝はやむなしだけど、生活環境は変えられる

体毛の濃さは隔世遺伝すると言う話がありますが、生まれながらの体質によるものが大部分を占めています。
また、体毛とホルモンの関係は、明らかになってきていて、髪は女性ホルモンが優位だと成長しやすく、体毛は男性ホルモンが優位だと成長しやすくなります。
男性で薄毛の悩みが深い方は、ホルモン治療を行う方もいるほどです。
ソファに座る女性の足

 

女性でも男性ホルモンを、男性でも女性ホルモンを持っています。
食事、ストレス、睡眠などの生活環境で、ホルモンバランスが崩れて、体毛が濃さが変化する方もいます。
女性の毛深い悩みは、生活環境を整えながら、他の脱毛処理を組み合わせていく方法をおすすめします。

 

例え、毛深さは変わらなくても、男性ホルモン優位な生活環境は、美容にも良くありません。
美容のため、そしてほんのちょっとムダ毛対策のために生活環境を改善すると、優先順位を変えても良いかもしれません。私も

 

脱毛ケアだけに頼ると、肌への負担は大きいよ

即効で脱毛が可能な脱毛グッズが増えましたが、繰り返すごとに皮膚や毛穴に負担がかかり、逆に色素沈着などのトラブルの元になってしまいます。

 

中期的に効果が期待できる、脱毛エステや医療脱毛に行うとしても、少しでも薄く細くする努力をしていると、施術回数を減らすことも期待できるわけです。
最近は、脱毛エステで使われているレーザー脱毛の技術と同じ、家庭用でも使える脱毛器が開発されています。長期間かけて行っても良いと考えるなら、家庭用脱毛器を使えば、かなり経済的です。

 

長期的にムダ毛を薄くする豆乳ローションによるケアを、並行して行えば、脱毛時の皮膚負担を軽減させることができます。豆乳には毛を生えにくくさせ、生えても細くなって抜け落ちやすくするという作用があります。

 

複合的なケアを続けることで、気がついたら、ツルツルになっていて、どのケアが功をなしたのか分からないといった具合に、ゆっくりと無理なくムダ毛と付き合うのが理想です。

 

男性ホルモンが優位になってしまう生活環境

女性の社会進出のせいか、オス化とかおやじ女子などという言葉を聞くようになりました。
仕事のストレスを抱えたままでいると、感情が高ぶり攻撃的な男性ホルモンが優位になります。女性なのにあごニキビができたり、濃いあご髭が生えてしまうのは、真面目で仕事熱心な証拠なのかもしれません。

 

良質な睡眠

1日の疲れやストレスを発散させながら、良質な睡眠をとるようにします。
睡眠不足は、女性ホルモンの分泌を妨げます。女性ホルモンが減れば、美肌成分と言われるコラーゲンやヒヤルロン酸などの生成も減少して、肌荒れの原因になってしまいます。

 

良質な睡眠をとるためには、睡眠時間3時間前にリラックス効果の高いお風呂に入ることです。バスタブに浸かって、1日の疲れを癒します。
入浴後は、お気に入りの音楽を聞いたり、ラベンダーなどの香りを楽しむと、深い睡眠を手に入れる事ができます。
バスタブ

 

無理なダイエット

無理なダイエットは、肌荒れや便秘の元となるだけでなく、無月経にしたり女性ホルモンを減らします。
女性ホルモンの材料の一つは、コレステロールで、真っ先に女性が制限する食べ物の一つです。良く耳にする豆乳や豆腐などに含まれるイソフラボンだけでは、女性ホルモンを増やすことが難しいのですよ。

 

また、体脂肪の中に女性ホルモンが含まれているために、体脂肪が減ることで女性ホルモンが減るとも言われています。

 

ホルモンに関係する食べ物

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む食品、豆腐、納豆、豆乳などは、特に重要です。

 

女性ホルモンを元気にする、ビタミンEを含む、アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ。
女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6を含む、マグロの赤身。
女性ホルモンの材料である卵。
などが、女性ホルモンを増やしてくれます。

 

また、肉などの動物性たんぱく質は、男性ホルモンの分泌を促すと言われていますので、多食は禁物です。焼き肉の食べ放題は、ほどほどに。

 

ムダ毛との付き合い方記事一覧

 

男性のようなすね毛やひげが生えてしまう原因男性のような太くで長いすね毛が生えてしまったり、黒くて硬いひげが生えてしまう女性が、増えたと聞きます。元々ムダ毛は、外部の気温の変化、細菌、ぶつかった時の衝撃緩和などの、身体を守るためにあります。原始人が毛深い理由です。ムダ毛が濃くなったのは、濃くしなければならない、外部の刺激があったためです。主に、ムダ毛が濃くなる原因として、ムダ毛処理後の保湿ケアが十分...

 
 

もう悩まない、ツルツル肌だけが女性の魅力は無いと思うこと定期的に脱毛しなくて良いように、体質的にムダ毛が薄くなればよいと誰もが思うところです。ムダ毛を薄くする方法は古くから色々あり、毛を脱色して目立たなくさせたり、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン配合の豆乳をつけたりなどがあります。いずれも一長一短あり、やり過ぎて肌荒れを起こすことも、効果が無いと思いながらやり続けてしまうこともあるようです...