鼻の下の脱毛グッズを調べてみました

 

メイクをする時、シミや毛穴を隠すために、コンシーラーや下地クリームは、ありますが、鼻の下の黒ずみを隠すものってありませんよね。

 

鼻の下は、筋肉が良く動くところでもあり、お化粧崩れがしやすい場所でもあり、予想以上に目立つのです。
乾燥する季節となると、毛穴が開きさらに、毛根が黒ずんで見えます。
悩みは深刻なのに、カバーしきれないもどかしさで悲しい思いをしていませんか?

 

幼いころから、毛剃りをしたり、抜いたりを過剰に行った方は、特に鼻の下が色素沈着を起こし、毛穴も大きくなっていたりします。

 

女性ホルモンの様な働きをする、イソフラボンが含まれる、大豆や大豆の加工食品(豆乳、豆腐など)を、毎日、塗るとといいと言われています。
でも、即効性がなく、少しでも早く悩みが解決できるものが良いですよね。

 

少し調べてみたら、こうした顔の産毛を脱毛する便利なグッズがあることが分かりました。
ただ、市場で認知度が高い分野の商品ではありませんので、使用する時は自己責任で、肌の状態を見ながら使ってくださいね。

 

いくつか、紹介してみます。
詳しくは、販売店のサイトでご覧になってください。

 

 

フェイスヘアーブロック

産毛線用美容液です。

 

1946年創業のフランス老舗メーカーが開発した抑毛剤となります。

 

産毛スリム成分”フィリニーブ”を、メーカー推奨の3倍の15%を配合している上に、尿素、メントールクリニックのピーリングでも使用されるサリチル酸も配合しているとか。
実験では、71%のモニターが『産毛が減った』と実感しているそうです。
美容大国のフランスでは、10万個の販売実績、世界40カ国以上で販売されています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラクシオン フェイスヘアーブロック 10mL
価格:3066円(税込、送料別) (2018/9/3時点)


 

 

スムースビューティーヘアリムーバルシェイバーミニ

 

顔の産毛用専用シェイバーです。

 

すっぽりと手のひらサイズ(9×2.5×2.5センチ)なので、バックに忍ばせて外出先でも使うことが可能です。
電源は単4形のアルカリ電池1本となります。

 

肌に直接触れない回転刃で、優しくさっと処理できます。
肌を守りながら深ぞりもできます。

 


 

 

ファインデピスナイパー

眉毛や口元の産毛などをピンポイントで照射できる、フラッシュ脱毛器です。

 

照射方法が、スポット(直径2mm)とライン(約2×10mm)の2パタン選ぶことができるようになっています。
眉やバストトップなど、神経を使う狭い部分にはスポットで、鼻の下や指などは、効率よくラインで脱毛を行うことができます。

 

充電後、コードレスにして使用が可能。

 


 

 

レイボーテ フォーフェイス

シェービングとピンポイントのフラッシュの2役をこなす脱毛器。
シェービングの後の毛頭は不均一になりがち、この脱毛器を使用すれば、不均一な毛頭も光フラッシュでケアすることで、毛等を揃えることが可能になります。

 

シェービングは、回転式で、フレッシュの光の強さは2段階に調整できます。
充電式で、約3時間充電すると、約40分動かすことが可能となります。

 

1台で2役なので、旅行等に持っていくと、顔以外にもいざという時に役立ちそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイボーテII(1台)【送料無料】
価格:27817円(税込、送料無料) (2018/9/3時点)


 

 

フェローズ・エピパックプラス

肌の弱い方は、止めた方がよいけど、塗ってジェルの粘着力で産毛を剥がす、産毛ケアです。
産毛がごっそり抜ける上に、余分な皮脂や毛穴の汚れも除去することができで、ワントーン明るくなります。

 

成分の中に、美容液などでお馴染みの天然の美肌成分も配合されています。
パパイン、ザクロエキス、ダイズエキス、アロエベラエキスです。

 

産毛処理を行ったはずなのに、美容パックの後のような嬉しい感動も味わえそう。。。かも。

 


 

鼻の下の産毛は、シミや毛穴以上に気になる関連ページ

エステの脱毛を体験しても、やや欲求不満
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
綺麗なうなじも産毛の悩みで、心が憂うつ
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
秋・冬から、抑毛ローションで来年の夏に勝負をかける
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。