エステの脱毛を体験しても、やや欲求不満

エステや皮膚科が行っている脱毛コースの目的と、行う体の部位をご存知ですか?
何か物足りないって、思いませんか?

 

これらの場所での脱毛の目的は、夏に薄着になった時のファッションと、水着を華麗に着るためのもの、時にはアバンチュールを期待している女子のハートを揺さぶるものです。

行う体の部位を見ても一目瞭然。
 ・iライン
 ・oライン
 ・vライン(ビキニライン、vゾーン)
 ・わき
 ・すね
 ・腕

 

エステや皮膚科では、背中やお腹、顔、うなじといった産毛の脱毛を行うところ、あまり多くありません。
(一部のサロンでは、行っているようです。)毛深い方の悩みって、1年中気を使わなくてはいけない部位が、大先決なのに、ちょっと悲しくありませんか?

 

その理由は、永久脱毛の方法にあるようです。

 

永久脱毛は、毛をつくる毛根を破壊し、毛が再び生えてくることができないようにします。
現在行われている毛根を破壊する方法は、多く分けて2つ。

 

 1.毛穴にハリを入れて、電気を流して毛根部を破壊するもの
 2.黒い色に反応するレーザーや光を当てることにより、毛根を破壊する方法

 

産毛が生えるキメの整った肌にハリを入れる人はいませんし、薄い色の産毛に反応させるためには、ものすごく強いレーザーを当てなくてはなりません。肌への悪影響が心配ですね。

 

勿論、夏のバカンスを楽しむためには、脱毛サロンのサービスは、魅力的です。
提供されているサービスを利用すれば、体の何十パーセントかの毛深い悩みは解決するでしょう。
でも、でも、でも、毛深い悩みを抱えた人は、それだけじゃ、無いんですよねぇ〜。

 

 

 

エステの脱毛を体験しても、やや欲求不満関連ページ

鼻の下の産毛は、シミや毛穴以上に気になる
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
綺麗なうなじも産毛の悩みで、心が憂うつ
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
秋・冬から、抑毛ローションで来年の夏に勝負をかける
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。