初めて豆乳ローションを作ったところだから、信頼できるね

カミソリで剃っても、毛穴に黒いボツボツが残り、かえって目立ってしまう方がいます。
男性の青髭を思い浮かべますが、女性とて、毛深い方は鼻の下の黒ずみは気になります。

 

キャミソールや水着なんかを着ようものなら、わきの黒ずみやビキニラインが恥ずかしという方の話も聞きました。ふさふさと剛毛が生えていたすねも、カミソリで剃ったものの、ボツボツ、ブツブツと黒い点々が見えるという悲しい状況になることもあります。

 

レーザーや光による永久脱毛もちょっぴり怖いなんていう方は、毛の根元の黒ずみは、抑毛効果のある成分で薄くしていくしか方法はなさそうです。
そんな時、真っ先に思いつくのは、豆乳ローションです。

 

 

抑毛に豆乳ローションが効果があるということは、多くの人が知っていますが、最初に豆乳ローションの作りだした方は、Dr.Takahamaこと高濱素秀名誉教授です。

 

2003年、TV番組『スパスパ人間学』で、”世界初!究極のムダ毛襲撃法”として紹介されたのが、高濱式手作り豆乳ローションの始まりだと言います。

 

この番組で、抑毛効果は大豆胚芽に含まれるイソフラボンにあることを証明しました。
イソフラボンには、毛に栄養を与える毛乳頭の活動を抑え、毛の根っこを弱らせて、細く抜けやすい毛にしてくれる効果があったのです。

 

高濱教授はモニター実験を3週間に渡り行い、モニターを依頼して3週間の期間をかけて実験を行いました。
豆乳ローションを塗った毛と塗らなかった毛を、1本1本顕微鏡でデジタル写真撮影を行ったといいます。撮影された毛の直径を、デジタルノギスで測り、塗った毛と塗らなかった毛の直径を比較して統計をとっていったのです。
そうした、地道な実験データを元にして、豆乳ローションの抑毛効果を発表したのですね。

 

クチコミや掲示板を見て見ても、高濱氏の豆乳ローションは、男性の濃いひげやすね毛が薄くなったという書き込みを多く見られます。
何の見返りのない掲示板に書かれているのですから、信頼性があります。
しかも、男性の黒々とした硬い毛が薄くなったのですから、期待値は自然と大きくなりますね。

 

効果が大きいからと言っても、天然の大豆が主成分なので、深刻な肌トラブルを引き起こす心配もありません。男性だけでなく、女性でも、子供でも安心して使用できるということから、肌にとても優しいのです。

 

何よりも、豆乳ローションを使用したかたのリピート率がとっても高いので、安心させてくれます。

 

抑毛に効くと言われているイソフラボンは、シミやくすみを防ぎ、毛穴の汚れを取り除く美白効果も期待できます。大豆に含まれる、サポニンやレシチンが、肌本来の保湿力もアップさせます。

 

お手入れの方法は、手軽で簡単。お風呂上がりに、手のひらに豆乳ローションを取り出し、ゆっくりとムダ毛の気になる部分の肌に馴染ませるだけです。
肌にじんわりと浸透した後の、モチモチっとした肌触りが楽しめます。

 

今年の夏は、あまり恥ずかしい思いをしなかったなんてひとりでニンマリできるように、なりたいものですよね。

剃っても黒いボツボツが目立つムダ毛には、低刺激な抑毛ローション関連ページ

皮膚を傷めず今直ぐに、ひざ下のムダ毛をなくしたい
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
すね毛が濃い人は家庭用脱毛器での永久脱毛するというのは?
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
シェーピングへの反省
毛穴ケアは、顔も身体の他の部位も同じ。
保湿が充分でなかったり、何度もシェービングを繰り返すことで、間違いなくひどくなります。
むだ毛を薄く、細くするだけでも、見た目も毛穴ダメージもOK
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。