顔剃りの弊害を知って、優しくシェービングを行う

顔剃りをカミソリで行った後は、ファンデのノリがよくマットな仕上がりになって驚いたことがあります。
特別な日や会議の日といった人に顔を長時間直視される時は、前日、かつては念入りに顔剃りを行っていました。
大手サロンも採用している抑毛ジェル

 

顔剃り毛が濃くなる

顔剃りをすると毛が逆に濃くなると言われているのは、医学的な根拠がないそうです。
カミソリでそった時に、斜めに毛が切られるために、太く見えるというのが定説です。

 

でも、毛深いのが悩みの女性なら、心の中で否定しているはずです。
顔剃りの頻度を上げれば上げるほど、青黒くなって明らかに濃くなっている気がするからです。

 

例えば、毛の断面を測定する研究室で使われているような顕微鏡で測った場合、確かに毛は太くなっていないかもしれません。

 

でも、顔剃りをすると、毛が濃くなると言われたのは、斜めに切られた毛の断面だけではないと思えるのです。
濃く見える!

 

ムダ毛が太くなるのではなく、肌荒れを起こすので太く見える

顔剃りをすると、肌の表面は少なからず一様に削られます。
カミソリが、毛を切りとる時少なからず、下の肌もはがしているためです。

 

何層にも積み重なった顔の皮膚ですが、バリア機能と呼ばれた部分は、肌表面のわずか0.02mmです。
キレの悪いカミソリを力任せに動かせば、0.02mmなんてあっという間に削り取られてしまいそうです。

 

濃いひげの男性が、ひげ剃り負けをして、赤みがかった顔で出勤される方がいますが、剃刀に負けていると言うよりは、角質をはがして肌荒れをしているのじゃないでしょうか?

 

必要以上に角質層、バリア機能をはがしてしまうと、肌は乾燥しますし、肌荒れも起こします。
乾いた皮膚は、干しシイタケを連想してもらうと分かりますが縮み毛穴が開きます。
毛穴が開けば、今まで隠れていたムダ毛の部分がもっと濃く見えるはずです。

 

産毛シェービングは肌荒れを起こさせないこと

顔の産毛ジェービングで最も注意するべきは、肌荒れを起こさせないことです。
洗面台

 

@ 顔剃りのシェーバーは、常に新品のもの
顔を剃る時は、常に新品のシェーバーを使用して、1度使用したものは腕や足といったやや皮膚の分厚い部分用にします。
一度使用したものは、毛によって刃こぼれしていて、こぼれた刃が肌を傷つけるためです。

 

A 顔剃りのシェーバーは、切れるものを
肌に強い圧力をかけなければ、切れないシェーバーなんてもっての他です。
複数枚付いているT字型のもので、すっと引いただけで、綺麗にムダ毛が無くなる切れの良いものを選びます。

 

B カミソリが滑るように石鹸やクリームを使用する
顔に何も付けないでシェーバーを動かすと、摩擦が大きくなります。
滑りが良いように石鹸の泡を利用したり、クリームや乳液を使用して刃が直接皮膚に当たらないようにします。

 

C 毛の流れに従ってシェービング
毛の流れに逆らうと、剃刀に余計な圧力が加わり、下の肌に負担がかかります。
ムダ毛だけを切り落とすぐらいの気持ちで、少しの力でシェービングさせていきます。

 

D シェービングの後は、念入りのスキンケアを
石鹸の泡を置いてシェービングを行っているのですから、肌水分は石鹸の脱脂力で奪われているはずです。
たっぷりと化粧水で水分を補い、奪われた皮脂を補うためにクリームで蓋をします。
いつもより、コクのある乳液やクリームを使用して、肌力を回復させましょう。

 

 

顔剃りの頻度を下げる方法

美容家の佐伯チズさんは、顔剃りをすると、その刺激に皮膚が防衛を過剰にさせて、硬くすると言われています。
顔の産毛をそっては駄目というのです。

 

ただ、毛深い女性の場合はそうもいってはいられません。
抑毛ローションや家庭用の産毛用の脱毛器などを使用して、産毛をできるだけ薄くするケアをし続けるしかないでしょう。

 

注意点は、産毛の生える周期を遅らせるために抜いたり、目立たなくするために脱色したりするのは、止めた方がいいですね。

 

脱毛は、顔剃り以上に肌に負担をかけます。
脱色で、タンパク質でできた毛の色が抜けちゃうということは、同じくタンパク質できた肌にも少なからずダメージを与えていると考えます。
安全性もまだ、一般的ではありませんし、多くの人が使っていませんので、症例も口コミの数もそう多くありません。

 

産毛を目立たなくしたい気持ちが先走り、デリケートな顔に処理して、逆に赤くなったり、色素沈着の原因の方が心配です。

 

私のおススメは、大手サロンも採用 ムダ毛対策ジェル 大手サロンも使っている抑毛ジェルかな?

 

 

 

産毛シェービング関連ページ

豆乳ローションの作り方
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。
顔の産毛が薄くなったような? ニキビ石鹸が抑毛石鹸に変わる時
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。
顔の産毛は、毛穴の開きケアを行うと目立たなくなる
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。
顔そりクリームは、普段使いの粘性のあるこってりクリームを使用
うぶ毛の生えている体の部位は、どこも脱毛や除毛の処理がしにくいですね。
特に顔の産毛の場合は、毎日見られるところだけに、ないがしろにはできないのです。
産毛の無い顔は、お化粧がキチンとのり、透明感があって艶やかに見えます。