毛深い悩みは、小学校低学年から

プール

子供が毛深いことで悩み始めるのは、小学校低学年のプールで、自分の足や手がお友達と異なることから始まると言います。
私は子供の頃夢で、お友達と腕の無駄毛の濃さや長さを比べている場面を見ました。
小学生の頃は、帽子や体操着、上履きとお揃いの物が多く、何でも皆と一緒と考えていましたので、『人と違う』ということで、傷ついたと思います。

気がつき始めたら、次々と気になり始めるものです。
鼻の下の産毛が濃いことが気になり、毛が濃いお子さんは顔の産毛も小学生くらいから、安全カミソリで剃っていると聞きました。
肌がまだ成長しきれていなくて柔らかいので、あまり何度も産毛を剃って、刺激にならなければと思います。

この頃のお母さんは、まるでファッション雑誌から出てきたのかしらと思われるほど、ファッションセンスやメイクが決まっている方が増えました。
自然とお洒落の知識を取り入れた、お子さんたちが、毛深いことを恥ずかしいことって感じるのでしょうね。
子供が、大人が着るようなブランドの服を着ていると、びっくりすることもあります。そんな時代になったのですね。

エステサロンや脱毛サロンで、小学生や幼稚園児を対象にしたサービスを開始している所があります。
お母さんも、まだ早いかなと感じながらも、友達にからかわれて心を閉ざしがちになる我が子を見るのは、辛いもの。
脱毛を行って精神的に楽になり、明るくなる方がいいと考えてのことのようです。
当時の私なら、二つ返事で『行く』っていいます。

ただ、料金は子供だからといって、安くなるわけではありません。
以前、朝日新聞で取り上げた九州・沖縄のエステサロン「カレン」での料金は、全身脱毛12回コースで、36万ということです。

この料金、安いのでしょうか?高いのでしょうか?
あ、それよりも安全なのでしょうか?

毛深い悩みは、小学校低学年から関連ページ

子供の毛深い原因
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供のムダ毛処理は、毛を薄くしたり細くする方法で優しくケア
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
毛深いことは、子供の感性では目立つので、心の傷は深刻
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供の毛深いと毛穴はセットになって、心に負担をかける
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。