産毛が濃いのは遺伝と言われているけど、なんとかしたい親心

体毛が濃くなったり、毛深い原因の第一はやはり遺伝です。
ただ、様々な所で研究が行われ、下記のようなことも毛深くなる原因として上げられています。

 

生活習慣は、直ぐには効果が出ないために、実行しても継続できなかったりしますが、子供の頃に正しておくと、大人になった時に楽です。
将来の成人病や、皮膚疾患、など全ての病気は生活習慣が基本となっているからです。

 

遺伝以外の毛深い原因を作る生活習慣を、上げてみます。

 

糖分の食べすぎ

お子さんは、甘いものが好きですよね。 

糖分を取ることにより、インスリン値が上がっていまい、血中の糖分値のコントロールができなくなります。
インスリン値が上がると、男性ホルモンが多く生成されて毛が濃くなるどうですよ。

 

毛深くなるのは、男性ホルモンの分泌が活発になるためです。
子供の頃はホルモンバランスが不安定な時でもあるので、偏った食生活を続けていると、毛深い以外に肥満や疲れやすい等の症状に悩まされることになります。

 

逆に女性ホルモンは、毛を薄くしてくれる効果があるとされています。
そのため女性ホルモンと似た働きをする大豆のイソフラボンが、良いとされています。豆乳、高野豆腐、納豆などです。
を食卓に上げる機会を増やしてみてはどうでしょう?

 

また、お子さんの好きなジュースやスナック菓子、チョコレートなどの食べすぎは、子供の脳の神経系に影響を与えてホルモンバランスを狂わせます。
お菓子などに含まれている糖質が、体内で過酸化脂質のような危険な物質に変化すると、体外に排泄させようとします。
体毛は、有害物質を汗と一緒に排泄を促す役割をしていますので、糖質の食べすぎは体毛を育ててしまうようですね。

 

紫外線のあたりすぎ

真っ黒に日に焼けた子供は健康的でいいなんて言う、お母様はもういなくなるんじゃないでしょうか?

 

紫外線が肌にあたることで、無駄毛が肌を守ろうとして濃くなるのです。

 

日差しの強い日は、帽子をかぶり、日陰で遊ぶ癖をつけます。
UV加工をした衣服を着用したり、紫外線カットの子供用クリームやサングラスなども必要に応じて使いたいものです。

 

皮膚が完成されていない子供の皮膚は、紫外線の影響は大人以上に大きく、紫外線によって傷ついた遺伝子が誤って増えることもあります。
ご存知?皮膚がんの原因になります。

 

体毛が濃くなるからと言うだけでなく、紫外線が及ぼす健康への被害を念頭に予防してください。

 

運動不足

子供のうちから、室内にこもってゲームばかりでは困ります。

運動不足は、ストレスを溜めますし代謝を悪くします。
ストレスは、男性ホルモンを活発にして毛深くさせる原因の一つです。

 

代謝が悪くなると、筋肉が成長しませんので、冷え性の子供になります。
冷えると無駄毛で体を守ろうとして、産毛が濃くなると言われているゆえんです。

 

ふさふさとした体毛で覆われた動物が、雪山の中でも生活ができるのは、そうした自然の摂理にのっとっているのですね。

 

運動して基礎代謝の高い子供にしましょう。
成長期に、体を鍛えて筋肉や骨密度の高い体をつくるように導いてください。
そうすることで、毛深い悩みも解消できれば、一石二鳥ですよね。

 

 

子供の毛深い原因、これ以上産毛を濃くさせないために関連ページ

毛深い悩みは、小学校低学年から
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供のムダ毛処理は、毛を薄くしたり細くする方法で優しくケア
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
毛深いことは、子供の感性では目立つので、心の傷は深刻
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供の毛深いと毛穴はセットになって、心に負担をかける
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。