大人の毛深いと子供の毛深いには、大きな隔たりがある

大人になっていくに従って、体毛はあるのが当たり前で気分は慣れてしまいますが、子供はそうはいきません。

 

「自分の手足には、ムダ毛が生えているに、隣に座っている子の腕には何もない。」
他の子と違うということが、心理的に圧迫感を受け、毛深い自分を意識するのです。
子供のうちは、毛深い子とそうでない子との差が大きく感じられ、自分だけ違うという疎外感を持ちます。
親に素直に相談することができる子ならいいのですが、深刻すぎて、毛深いことを妙に恥ずかしいことと悩むあまりに口に出せない子供もいます。

 

また、体毛が少ない子からすると、毛深い友達を受け入れることができずに、心ない言葉を言ってしまったり、冗談でからかったりしてしまうのです。
また、毛深いことを嫌悪して、イジメに発展してしまうケースもあるようです。

 

悲しい

子供のいじめは、自分たちと異なっているという事が大きく原因になっています。
心が成長するに従って、自然と思いやる気持ちができ、そういったイジメはなくなっていくのですが、毛深くて恥ずかしい思いをした心の傷は、簡単に癒されません。

 

太っているとか、髪の色が少し茶色といったこと以上に、恥ずかしく感じていることが多いのです。

 

子供の肌は成長しきれていないために、カミソリで剃ることは刺激が強すぎます。
大人が使用するような脱毛器は、勿論もってのほか。
毛抜きで抜くなんて、とんでもありません。
脱毛クリームも脱毛ワックスも肌荒れの原因です。

 

柔らかい肌は、何度も刺激を受けることで色素沈着を起こし、シミを作る可能性があります。ゆっくりと肌に炎症を起こしながら作った色素沈着は、なかなか治らないのです。

 

子供が毛深いことに悩み、思い余って、お父さんのシェイバーやお母さんの脱毛クリームを黙って使う前に、声をかけてあげるのが最善の方法です。

 

もし、悩んでいれば、恥ずかしいことをお母さんの方から切りだしてくれたのですから、きっと正直に『悩んでいる』と答えると思います。
悩んでいないで、『平気よ』と答えたら、あなたのお子さんは、どんなイジメにも負けない強い子供です。でも、悩んでいる場合と同じように、下記の事を提案してみてください。

 

柔らかい肌を痛めることなく、植物成分だけで抑毛をしていくローションがあります。
肌にアレルギーを起こす可能性がある、旧厚生省が指定した表示成分も入っていませんし、害を与える可能性のある添加物も入っていません。
無香料、合成界面活性剤無添加、人工ジェル化剤無添加、人工着色料無添加の抑毛ローションです。

 

ゆっくりと時間をかけて徐々にムダ毛が薄くなっていくことで、子供は毛深いのは治すことができると意識します。
ずっと、毛深いまま生きて行くのではなく、薄くすることができるという事実を知れば、心ない友達の言葉も自然とへっちゃらになります。

 

詳細はこちらから。  敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!! 敏感肌用抑毛ジェル

 

毛深いことは、子供の感性では目立つので、心の傷は深刻関連ページ

子供の毛深い原因
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
毛深い悩みは、小学校低学年から
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供のムダ毛処理は、毛を薄くしたり細くする方法で優しくケア
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供の毛深いと毛穴はセットになって、心に負担をかける
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。