無理なムダ毛処理は、将来の肌トラブルの原因に・・・

子供がムダ毛に悩んでいるからと言っても、大人のムダ毛ほど濃くも太くもありません。
同じ年代の子供たちと比較して、少しムダ毛が目立つという程度のことです。
密集していたり、ちょっぴり長かったりといった具合です。

 

運営者である私も実は、毛深かった小学生時代を過ごしましたが、祖母に「ぬか袋でよく擦れば、ぬか袋がムダ毛を擦りとってくれるわよ。」と言われていました。
小学生のムダ毛なんて、布で擦り続ければとれるほどのものなのです。

 

ただ、この方法もあまりゴシゴシやると、肌を痛めてしまう可能性があります。成長期のお子さんは、皮膚もまだ成長段階にあるので、強い刺激は跡が残る可能性があります。子供

 

また、顔のムダ毛は、『ヒゲが生えているよ』って言われていましたので、2週間に一度と周期を決めてカミソリでそっていました。
そのせいだと思いますが、大人になって鼻の下のムダ毛には苦しみましたね。男性の青ヒゲまではいきませんが、そっても黒っぽくなってしまうのです。

 

子供のムダ毛処理は、多くの親御さんが危惧していますが、将来の肌に与える状況を想像してケアするべきです。
やわらかい肌に強いレーザーを当てたり、毛抜きやワックスでおもっきり毛を引っ張り、毛根を破壊し続ければ、その副作用は必ず現れます。
しかも、一気に傷を負うケガと違って、ゆっくり肌の細胞を壊していくのですから、回復するまで時間がかかるのです。

 

子供のムダ毛処理は、完全に毛のない状態にまでするのではなく、毛を薄くしたり細くするところぐらいで、とどめておく方がよさそうです。
抑毛ジェル

 

コントロールジェルMEというが抑毛ローションがあります。いる植物のダイズとヒオウギからつくられています。どちらもイソフラボンを大量に含み、女性ホルモンに似た働きで抑毛作用をがあります。
他に、パパイン酵素、アロエ、ジオウ、チョウジ、ホップ、サンショウなどの抑毛成分は、どれも天然植物です。

 

そして、これらの天然植物成分は、硬い剛毛にはさすがに効きませんが、人より少し毛深いかな位の人が使うのには十分なのです。
つまり、子供が使っても、強い刺激もなくゆっくり作用するので、安心ですね。

 

詳細は  子供がムダ毛を気になりだしたら⇒お肌にやさしい抑毛ジェル♪

 

子供のムダ毛処理は、毛を薄くしたり細くする方法で優しくケア関連ページ

子供の毛深い原因
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
毛深い悩みは、小学校低学年から
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
毛深いことは、子供の感性では目立つので、心の傷は深刻
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。
子供の毛深いと毛穴はセットになって、心に負担をかける
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。