ショット数の増加と照射面積が広くなって、ムダ毛処理の負担が軽減

エステサロンの脱毛って、一昔前は、ビキニラインとか、ちょっぴりエッチな場所とかが中心だったでしょう?
「何となく、毛が濃くて薄着になれません。」みたいな女子にとっては敷居が高かったのは事実です。
最近は、顔やうなじの産毛とか、胸とか、お腹、背中の脱毛にも対応してくれているようです。

 

体の柔らかい部位の脱毛処理、シェイバーで剃ると濃くなりそうだし、抑毛ローションでは物足りないと考えている人も多いはずです。

 

もし、そんな柔らかい箇所も、肌に負担をかけることなく、半永久的に脱毛することができたら、毛の処理に悩む時間はグッと短縮されて、人生もっと有意義なことに使えるのにと思います。

 

エステサロンで行う、顔の脱毛は、何度も回数を重ねて一度に加わる、皮膚へのダメージを小さくしていると聞いたことがあります。

 

何度もエステに通って、プロの施術でフラッシュ脱毛をしてもらえば、肌にかかる心配はありませんし、脱毛後のお手入れの方法もしっかり学べそうです。
でも、脱毛サロンの予約と、通う手間、回数、施術時間などを考えると、やはり尻ごみをしたくなります。

 

家庭でエステ並みの脱毛を行えるホーム脱毛器は、年々進歩してきて、体の各部位に対応できるように、光の強さが調節できます。

 

どうやら柔らかい部位を、永久脱毛したいって考えるなら、自宅でできるホーム脱毛器の購入を考えた方がよさそうですね。

 

多くの女子がもっている家庭用脱毛器イーモの後継機種に、ケノンという商品を出しています。
現在のところ、最新のフラッシュ脱毛器です。

 

脱毛器が出すフラッシュは、カートリッジが光源となっています。このカートリッジは発射できるフラッシュの回数に限界があり、1個のカートリッジが照射できるショット数が多ければ多いほどお得ということです。

 

さらに、1回の照射面積が広ければ広いほど、ショット数を節約することができるのです。

 

ケノンの大きな特徴は、カートリッジの照射回数が38000発と、他社の2倍〜10倍近く多いことと、照射面積が、他社より7平方cmと広いことにあります。

 

 

しかも、1回の強い光を当てるのではなく、弱い光を6連射させて毛根にダメージを与える方法をとっているために、とっても肌に優しいのです。
この6連射のフラッシュ脱毛は、前の機種のイーモリジュで多くの人が喜んだトリプルショットが進化したものです。
既に、実績のある脱毛方法なら、肌へのトラブルは心配ありません。

 

熱量のレベルは、イーモの時と変わらず10段階です。

 

自分で脱毛ができるなら、脱毛回数が多いとか、エステに通う時間が無いとかといったことも考える必要がありません。

 

こんなことを考えていましたら、フラッシュ脱毛機ケノンは、楽天でトップだとか・・・なるほど、納得できます。 こちらから、詳細がご覧になれます。  自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ! 家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器

 

 

ホーム脱毛器で、脱毛回数や光の強さを調節して、エステ脱毛に接近関連ページ

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い
毛深い方は、顔の産毛やうなじや背中の産毛は気になるものです。
海やプールに行かなくても、1年中、脱毛処理のことで頭が一杯ではありませんか。
サロンや皮膚科にさえ行きづらいですよね。